中の人について

【感想】劇場アニメ-すずめの戸締まり-

Daisuke

みなさんこんにちは!
今回の記事は新海誠監督最の新作、アニメ『すずめの戸締まり』の感想記事です!
本作は万人におすすめはできるものの、手放しで絶賛はしずらいと感じる部分はありました。
というわけで、早速ですが書いていこうと思います。

すずめの戸締まりの公式サイトはこちら

MEMO
  • コミックス・ウェーブ・フィルムによるアニメーション作品です。
  • 2022年11月11日より全国劇場公開されました。
  • 監督、脚本共に新海誠氏が担当しています。
  • キャラクターデザインは「君の名は。」「天気の子」から引き続き、田中将賀氏

『すずめの戸締まり』予告【11月11日(金)公開】

©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

ネタバレご注意!

念のため、最初から内容に触れていきますので、まだ未視聴の方はご注意ください!

あらすじ

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、
「扉を探してるんだ」という旅の青年・草太に出会う。
彼の後を追って迷い込んだ山中の廃墟で見つけたのは、
ぽつんとたたずむ古ぼけた扉。
なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが…。

©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

見ようと思ったきっかけ

言わずもがな、新海誠監督の新作ですからね。

新海監督の作品は「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」「星を追う子ども」「言の葉の庭」「君の名は。」「天気の子」と観ています。今作もとても楽しみにしていました。

最初に感じた事

廃墟が良いですね!

ざっくり説明すると、物語の大筋としては、主人公のすずめがばったり会ったイケメン(草太)が探していた廃墟が気になって、後を追っかけてみると廃墟には扉があり、
扉の近くにあった岩をどけたら岩が猫に変わり脱走。でもその猫が実は扉の封印で、封印が解けちゃったので日本中の扉を締めに行く、という話です。

今までの作品でも廃墟はちらほら出てきてはいたものの、今回がっつり廃墟が出てきます。主役です。

新海監督って、僕は勝手にいつもなんか特定のロケーションを描きたくて映画のストーリーを決めてるんじゃないかと思ってるんですが、
今回は多分、廃墟のための脚本なんじゃないかと思いました。

例えば”秒速5センチメートル“では「四季の電車」。”天気の子“では「雨上がりのビル群」、”言の葉の庭“では「雨が降る池の水面(具体的には雨の新宿御苑なのかも)」等々。
美しい景色の、どの描写で主人公たちに歩かせたいか。そう考えてストーリーを練っている監督を思い浮かべています。

キャッチコピーの”扉の向こうには、すべての時間があった――“からも、廃墟にある退廃美やノスタルジーなイメージが匂ってきます。
もちろん、震災におけるメッセージという側面はあるでしょうけどね。

退廃美かぁー

どろどろ君

設定が面白い

この世界では、各地の廃墟にある扉の向こう側から災いがやってくるので、扉を閉めて回っている”閉じ師”がいる。という世界観で、
この世界の扉から災いが出てくると地震が発生するため、普段我々が生活していて起こる地震はこの扉から引き起こされている、というシナリオです。

現実で起こっている事象とリンクさせているのはとても面白いですね。

芹澤君がめっちゃいい奴

芹澤君は草太の友達で、突然いなくなった草太を心配して家に訪ねてきたことですずめと出会います。

見た目が割とチャラめですが、非常に親切な彼は、突然宮城に行くといいだしたすずめ(とすずめのおば&謎猫も合流して乗車)を、東京から宮城まで車に乗せてあげちゃうし、猫一匹増えても文句言わないし、途中でトラブルが起きても文句を言わず手を貸してくれています。

というか、何も説明せずに”いいから車出せ”って言われて理由も聞かずに従ってくれる人は善人ですよね。そう思います。

色付き丸眼鏡にカフスピアス、タバコの三拍子っていうな。イカす

マチ子

美しさの感じ方は人によって異なる

今回の作品では明確に触れていませんが”東日本大震災“が物語のカギになっており、
主人公のすずめは、震災が起こったことによって母を失っています。

そのため、地元の景色を観た時、芹澤君が宮城の景色を綺麗だと言いますが、それを否定していました。
物理的に目に写る風景と、心象が投影されている風景の場合、同じように見えていてもそれは必ずしも美しいとは限らないのですね。
人によって見える世界や物事が違うというのは、こういう事なのでしょうね。

でも、自分と異なる世界や価値があったとしても、それを認めていける人になりたいものです。

寛容な人って素敵だもんね

どろどろ君

印象に残ったシーン

東北へ向かう途中、叔母の環さんとすずめが激しい口論をするシーンでしょうか。

扉からの災いが関係している様子だったので、お互い本心かどうかまではわかりませんが、
親を失ったすずめを引き取った環は、大切な期間を養育に費やした事を後悔している後ろめたさを抱え、最愛の母を失ってしまった悲しみから逃れることができずにいるすずめ。
結構心に突き刺さってくる”聞きたくなかった”本心を言い合ってしまいます。

いや、これ言ったらもうこの後今までの関係に戻れなくならない?と思いつつも、本人たちにしかわからない辛さは間違いなくあったんだろうなと、結構胸が痛くなりました。

最後に

作品自体のクオリティが高く、2時間はあっという間でした。新海監督が描く廃墟かっこいいなって。純粋に面白かったです。

ただ、その一方で、物語は感情移入をさせるためのシークエンスとか整合性が微妙だなと感じる部分はありました。
君の名は。以降スケールを大きくしすぎて収拾がつかなくなっているという感じがします。

新海監督の作品の魅力は人間の関係性の描き方にあると思うので、大きなスケール感はあまり必要ないのではないかなーとは思います。そのため、今作は正統派のSFとかミステリー等が好きな人にはちょっと進めずらいですが、
基本的には万人に進められる良作だと感じました。

というわけで、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

劇場特典もらえました!

入場者特典の「新海誠本」もらえました!
全国合計300万名限定だそうです!お早めに!

すずめの戸締まり


関連記事

【感想】劇場アニメ-天気の子-【感想】言の葉の庭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。